糖尿病 酒

糖質が気になる中高年から絶大な支持を集めている、注目のサプリメント。
満足度94%〜担当医にもビックリされた血糖値の変化に大満足の声も。

血圧や肝臓数値の変化を実感した声もあり、お酒好きの方に◎。
全額返金制度もありますので、1度試してみては。

 糖尿病に、世界が認めた白井田七

飲酒を許可される条件とは?

糖尿病の治療をしていても、お酒を飲んでも構わないと医師から言われる場合もあります。
お酒OKといっても、もちろん条件付ですが、どんな条件を満たしている人が飲酒できるのでしょうか。

糖尿病治療中の人で、お酒を飲んでも構わないと言われるためには、

@血糖コントロールが良好で安定している
A体重が管理できている
B合併症ほか、飲酒制限が必要な病気がない
C高血圧、動脈硬化がない、またはあっても軽い
D飲酒量の限度を守る自制心がある

以上の5点が、飲酒を許可される条件とされることが多いようです。

さらに、インスリン注射や経口薬を使用している場合には、 低血糖に注意する必要があることから、許可されにくく、 食事療法と運動療法だけで治療している軽度の方に許可されることが多いようです。

さて、飲酒を許可された場合、どんな条件で飲んでも構わないとされるのでしょうか。

飲酒についての条件は、その人の身体条件によって異なります。 一般的には、食事制限で使われるカロリー単位の2単位(160kcal)、 または摂取カロリーの1割程度を、アルコールから摂取するカロリーの上限とすることが多いようです。

アルコール別に見ると、日本酒1合弱、ウイスキーならダブル1杯、ワインならグラス2杯、 ビールや発泡酒なら350ml〜500ml(アルコール度数が低いと500ml、高いと350ml)程度となります。 さらに、休肝日(禁酒日)も、医師の指示通りに設ける必要があります。

こうした様々な条件をクリアできる場合に限り、糖尿病では原則禁酒の「例外」として、 飲酒が許可されることもあるのです。

■□ 最新の糖尿病対策とは?
糖尿病克服法ランキング

糖尿病克服法 人気ランキング

一般に糖尿病は一生治らない病気だといわれています。
しかし、実際に医者も驚く、糖尿病克服法はあるのです。

これまで大勢の方の血糖値を改善した、誰でも自宅で簡単に実行できる、話題の糖尿病改善法を厳選して紹介しています。