糖尿病 日本酒

糖質が気になる中高年から絶大な支持を集めている、注目のサプリメント。
満足度94%〜担当医にもビックリされた血糖値の変化に大満足の声も。

血圧や肝臓数値の変化を実感した声もあり、お酒好きの方に◎。
全額返金制度もありますので、1度試してみては。

 糖尿病に、世界が認めた白井田七

日本酒の糖尿病への影響は?

日本酒は、一昔前までは『糖質が多いから、糖尿病には良くない』と考えられてきました。

糖質が多い日本酒は血糖値を上げやすいといわれるが、炭水化物の量はそれほど多くない

しかし、現在、糖尿病の食事療法では、カロリー制限が主流で、糖質を制限する方法が主流ではありません。このため、医師の許可が出ているのであれば、日本酒を飲むことも可能です(当然、飲み過ぎはNG)。

日本酒に糖質が含まれているといわれていた理由には、日本酒の甘さがあるようです。

実際には日本酒に含まれている炭水化物の量は、100g(100ml)当たり3.6〜4.9g程度。一般的な清涼飲料水の半分から1/4程度の量です。

日本酒には、甘口や辛口がありますが、味によって、炭水化物に大きな違いはないようです。

つまり、1升も2升も飲むならば、日本酒の炭水化物が問題になるでしょうが、飲酒が許可される場合のアルコールから摂取しても良いカロリーは、大体160kcal程度までで、日本酒ならば、1合程度、180mlですから、日本酒に含まれる炭水化物の量が問題にならないのです。

ところが、糖尿病の治療中に日本酒を避けたほうがいい場合もあります。

糖尿病の食事療法では、カロリー制限が治療法の主流ですが、炭水化物の量を考えて食べるカーボカウント、炭水化物自体を断ってしまう糖質制限食などを行っている場合には、日本酒に含まれる炭水化物も、避けたほうがいいようです。

最近、健康志向の高まりから、糖質0の日本酒も開発されており、カーボカウントや糖質制限食を行っている方は、糖質0の日本酒を選ぶようです。

■□ 最新の糖尿病対策とは?
糖尿病克服法ランキング

糖尿病克服法 人気ランキング

一般に糖尿病は一生治らない病気だといわれています。
しかし、実際に医者も驚く、糖尿病克服法はあるのです。

これまで大勢の方の血糖値を改善した、誰でも自宅で簡単に実行できる、話題の糖尿病改善法を厳選して紹介しています。