糖尿病 ビール 発泡酒

糖質が気になる中高年から絶大な支持を集めている、注目のサプリメント。
満足度94%〜担当医にもビックリされた血糖値の変化に大満足の声も。

血圧や肝臓数値の変化を実感した声もあり、お酒好きの方に◎。
全額返金制度もありますので、1度試してみては。

 糖尿病に、世界が認めた白井田七

糖質ゼロのビールや発泡酒の注意点は?

ビール党の糖尿病患者にとって、最近、続々と販売される新商品はうれしい限りでしょう。

糖質ゼロのビールも飲みすぎはカロリーオーバーになるので注意が必要

2010年になって「糖質ゼロ」「糖質オフ」「カロリーオフ」といったビールや発泡酒が 次々と発売されています。

純粋なビールは、原料などに色々と制限があるため、「糖質オフ」「カロリーオフ」は難しいようですが、発泡酒や第三のビールでは、選ぶのに悩んでしまうくらい多くの種類が発売されています。

しかし、こうした「糖質ゼロ」「糖質オフ」「カロリーオフ」といったビールや発泡酒で、注意したいことは、糖質が0でも、カロリーは0ではないということです。そして、糖質0であっても、ごく少量の糖質が入っているものもあるという点です。

糖質ゼロとカロリーゼロを勘違いしていると、カロリー制限をしている人は、 カロリーオーバーになってしまいます。また、 ごく少量の糖質が入っているものを、まったく糖質が入っていないと勘違いしていると、 飲む量によっては、考えていた血糖値と違う結果が出てしまう可能性があります。

最近は、通風の原因といわれるプリン体をカットした『プリン体オフ』の発泡酒もあるので、 勘違いしないよう、表示はよく確認したいものですね。

ちなみに、各社の製品の実際のカロリーや糖質の量を見てみると、350mlあたりでは、

キリン・キリンゼロは、カロリー67kcal、糖質0g
アサヒ・アサヒオフは、カロリー91kcal、糖質0.5〜0.9g
サントリー・ダイエット生は、カロリー77kcal、糖質0g
サッポロ・オフの贅沢は、カロリー98kcal、糖質0.4〜1gとなっています。

■□ 最新の糖尿病対策とは?
糖尿病克服法ランキング

糖尿病克服法 人気ランキング

一般に糖尿病は一生治らない病気だといわれています。
しかし、実際に医者も驚く、糖尿病克服法はあるのです。

これまで大勢の方の血糖値を改善した、誰でも自宅で簡単に実行できる、話題の糖尿病改善法を厳選して紹介しています。